この2月に、みごと第一志望校に合格した生徒のお話。

 

その志望校は大商学園高校でした。

***

中学校での成績はなかなか思うようには伸びず、

思うように平均点をとることができません。

 

しかし、高校進学をめざして、

勉強から逃げることなく、一歩一歩と歩み続けます。

 

学校授業の進度の方が

生徒理解のペースよりも早いため、

 

できた♪、と思う頃には次の単元へ

できた!頃には次の単元へ

と、苦労の連続です。

平均点がとれないのも(生徒の現状に即してみると)受け入れざるを得ない部分もあります。

 

我々は、当然学校のテストでいい点をとってもらいたいものの、

それよりも高校入試の方を重視しました。

具体的には

「ここを抑えておかないと、入試で点が取れない」部分に注力し、

そこを繰り返し繰り返し徹底してもらいます。

 

その方法でも、この生徒には負荷がかかる勉強方法です。

また、

学校のテストでも点を取りたいと思うのが普通の中学生。そんなストレスとも戦わなければいけませんでした。

 

しかし、その生徒は踏ん張り続けました。

 

 

中学3年生の進路相談では、学校側から通信制高校を中心に志望校を選ぶように指導されていました。(実際、合格後に「よく受かったな、奇跡的や」とも言われたそうです)

 

塾での保護者面談でも、通信制高校も視野にいれてお話はしました。

でも、そういった高校しか行けない、

のではなく、他の高校の可能性も残した上での面談です。(なんでもかんでも無理な挑戦を進めるわけではありません)。

 

***

本日、保護者の方から「中2の3学期に高原先生に言ってもらった厳しい言葉が、○○(お子様の名前)を変えたように思います」との話をいただきました。

嬉しかったです。

ただ、そんな言葉だけで合格できたわけではありません。(保護者様を含め、)本人の頑張りの賜物です。

そんな頑張りが結果に結びついたことが、なによりも嬉しいことです。

 

いま、その生徒は高校内容の勉強をすでに始めています。

高校入学後も、また一歩一歩着実に歩んでくれることでしょう。

とても楽しみです。