英・数・国についての情報は多いですが、

理科については、どうやって対策を立てたらいいのか?イメージがつきにくいものです。

学校の勉強をすすめるだけで、京大対策になるのでしょうか?

 

会場 宝塚南口校(阪急宝塚南口駅・JR/阪急宝塚駅より) (手塚治虫記念館すぐ)

日程 平成29年 7月18日~20日 15:00~18:00 (欠席者補講あり)

費用 19,440円(全 3日間)

科目 物理・化学

内容 京都大学2次試験対策

対象 京大を志望する受験生(物理・化学選択)  定員4名  残り2名

お問い合わせ・お申込み

 

【質問】

普段使っている問題集はなんでしょうか?

重要問題集?

難系?

セミナー?

新演習?

名門の森?

リードα?

標準問題精講(基礎問題精講)?

 

乱暴に言えば、どの問題集でも京大受験に対応できます(1冊だけでは無理です)。

ただし、「どれをやるか」よりも「どうやってやるか」の方が大切です。

使い方を間違えると、せっかくの受験勉強が。。。無駄?になります。

 

 

そして、上述の他に必ず必要なのものが、過去問です。

 

京大の物理化学の問題を見たことが、解いたことがありますか?

そして、

現在の自分の立ち位置はわかっていますか??

 

どんな問題で、どうやったら解けるのか

それを体得してもらいます

 

京大対策を本格的に始める前に、必須の講座です。

また、

京大即応オープン

京大入試実戦

に臨む前に、ぜひ受講してもらいたい。

 

今の学力は問いません。

チャレンジャーをお待ちしています。

 

宝塚北高校→京都大学(薬)合格

報徳学園高校→京都大学(農)合格

宝塚北高校→京都大学(工)合格

など

 

 

これが嬉しい↓↓

これからの勉強をいかに取り組めば入試で点が取れるのか、

不足している部分を補うためにはどんな勉強が必要となるのか、

といった、

今後へのアドバイスを、受講者ごとに実施します。

必要なことは、必ず一人ひとり違っているはずです。

受講を通して、我々はその違いを分析し、今後につなげてもらいます。

お問い合わせ・お申込み