体験学習の例

市内公立小学校 5年生

・体験学習の科目:算数

事前の聞き取り情報

・学校の懇談では「大きな問題はありません」と言われた

・問題集をやらせてみると、全然できていない

・子どもに聞いてみても、はっきりとした答えが返ってこない

◆体験学習の内容

・5年生内容だけでなく、4年生の内容も用意。

⇒ 学校で習ったばかりの範囲はできるが、それ以前の範囲は間違う。それ以上に深刻なことが、適当に数合わせをしていること。自分で何を解いているのかわかっていない。

 

*****

このように、生徒さんが授業を通じてUGIのことを知ってもらうと同時に、

我々も生徒さんの課題や現状を知ることができ、そこから個人個人の学習カリキュラムを作っていきます。

当塾に入塾の場合は、この体験学習の結果を出発点として学習を進めます。(テスト結果などをもとに学習カリキュラムを作り、体験授業を実施せずに通塾するケースもあります)

おすすめの記事