電磁誘導の基礎

【電磁誘導】が起こるためには何が必要でしょうか?
  (コイルに起きる電磁誘導の場合) 
いつものことですが、

苦手な方は、理解して下さい
得意な方は、即答して下さい
【コイルを貫く磁束が変化する】ことが必要です
「コイルを貫く=コイルの内側」の
「磁束」が
「変化」する
です。
(※注意)
「磁束」と”磁束密度”(Bと書いてある場合が多い)は違います。
“磁束密度”×断面積=「磁束」です。
磁束密度が一定でも
「コイルを貫く部分(面積)」が変化すれば、
「磁束」が変化したことになるので、電磁誘導が起こります。
(コイルを、磁束のあるエリアに近づけていくタイプの問題)
とても強力な磁石であっても
コイルの近くに置いてあるだけでは電磁誘導は起きません
なぜなら、「磁束が変化しない」からです。
また、コイルを磁束の方向に動かしても
電磁誘導は起きません
「コイルを貫く部分」の磁束に変化がないからです
コイルをくるくる回すことで、
コイルを貫く部分(面積)を変化させることも、磁束の変化につながる場合があります
(いわゆる発電機)
この場合は、電磁誘導が起こります

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 関西学院大学(宝塚北高校)

  2. 個別学習コース 2019

  3. 塾.com

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP